ものの値段について考えてみる

 

今週は、ものの値段について考える機会が何度かありました。

  1. 自分の主催する教室の価格設定
  2. 見えないものの値段
  3. 資格取得のための講座の値段

なぜだか、いろいろな場面において、「値段」について悩んだ。

 

自分の主催する教室の価格設定

最低価格があるので、それ以上の価格を設定すればいいので、一見簡単に見えた。

でも、その価格は安いのか高いのか。

そこで考えてしまうのが、使うものの原価。

原価を考えてしまうと、「こんなにたくさんいただけない」とか、「儲け主義に走っているのではないかと思われちゃう」などと考えてしまった。

でも、そこは、自分がこれを教えるために取得した資格のための価格や、準備のための私自身の価格、そして借りた教室の値段。

これを加味したら、最低価格は最低価格でしかなくなる。

 

リピーターのための価格設定も作ろうかな。

などと考え中。

 

見えないものの値段

見えないものの、人によって値段が違うことがある。

見えるものは、売る人によって値段が違うことはあるが、売る相手によって値段が違うことはあまりない。

先に述べた「自分の主催する教室の価格設定」にも通じる部分。

同じ内容が先生によって異なることとはある。

その先生によって、付加価値をつけている場合は、そうあっても不思議ではない。

むしろ、そうやって差別化というか、特徴を明確にして、そこを売りにすることは大事。

付加価値以外の、原価に関わる部分をどれだけ上乗せするかも考えることが必要。

「もらえる人から、たくさんもらう」という考えもできるかもしれないが、それはしたくないなぁ。

それやると、絶対あとでもめるだろう。

やはり定価について、なんとなく設定した値段ではなく、明確に根拠のある値段にしよう。

そこの裏付けをもう少し考えることにする。

 

資格取得のための講座の値段

これは、なかなか難しい。

人によっては、5万でも高すぎると言われる中、何10万円というセミナーに参加してしまったことがある。

そのことに対して、後悔しているわけではないが、人によっては「それ高すぎないか?」とか「めっちゃ安いよね。むしろ安すぎるのが普通になる」という考え方もあるね。

 

資格取得のための料金では、人によっては「高すぎる」のボーダーラインが全く違ってくる。

この境界の違いを共有するというのは、アンガーマネジメントの考え方に似ている。

  • その金額が、高すぎると思っている人もいるだろう。
  • 金額が高い方が安心する

 

残念ながら、資格取得のために払った費用を回収できるとは思っていない。

回収しようとも思っていない。

強がりではなく、自分の学びたいという欲求が常にある以上しかたないこと。

そこへの投資は、この先も惜しまない。

 

今回、参加を決めたことについて、あれこれ人から言われるかもしれない。

言われるとへこむ性格なので、立ち直れないかもしれない。

アホ呼ばわりされるかもしれない。

学んだことで満足できるか、できないかは学んでみないことにはわからない。

ただ、学びたいと思った理由は変わらない。

そこがぶれることはない。

やってみないとわからないので、やってみる。

やってみる価値があるかどうか見極める。

 

回収できるかどうかは大事ではない。

少なくとも、本業があるうちはね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください