ネーミングが秀逸の「切腹最中」は美味でした

img_0662.jpg

先日、国立劇場で仮名手本忠臣蔵を観に行った時に、おみやげで購入したのが、「R25お詫びの品第1位」にもなった『切腹最中』。
よく見ると腹が割れて、中のあんこが飛び出しているところから、このネーミングになったと思われます。
あんこの中には、求肥も入っていました。

「腹切ってお詫びする」

というところから、お詫びの品として使われるとか。

実際、ある証券会社の支店長が、お詫びの品として使ったと、下記ブログにありました。

3月14日は、切腹最中の日だそうです。
切腹最中の誕生秘話は、こちらのブログに紹介されていました。

「119人中118人に反対されても『切腹最中』を商品化したのは、どうしても伝えたいことがあったから」。新橋老舗和菓子店「新正堂」ご主人にインタビュー

 

「景気上昇最中」も気になります。

新正堂
03-3431-2512
東京都港区新橋4-27-2
http://www.shinshodoh.co.jp/