同じ店名でも系列店かどうか確認する必要あると気がついた

油断しました。

同じ業種で、同じ店名だったので、すっかりそのお店の支店だとばかり思っていたら、全く別のお店にあたりました。

そんなことありませんか?

それを防ぐには、以下の3点を抑えてみてはいかがでしょうか。

  1. もとのお店のサイトで、その支店があるかチェックする
  2. お店に電話して、支店があるか確認する
  3. お店のサービス内容をチェックする

 

居酒屋さん

東京駅近辺で、お店を探していたところ、以前新宿で利用したお店と同じ名前の店を発見し、予約して利用しました。

もちろん、そのお店のお料理や、サービスがとても良かったからです。

実際に行ってみて、お店に入った瞬間、失敗したと後悔。

 

後日、お互いのお店の名前を確認したところ、枕言葉がビミョーにちがっていることを発見!

全く違うお店と判明しました。

 

宿

とある場所の宿を探していたところ、以前からとても気になっていて、いつかは行ってみたいと思っていた宿と同じ名前の宿を発見。

きっと同じ系列に違いないと思って、予約しようとWebサイトを確認。

 

そしたら、予想外に宿泊料金が安かったので、もしやと

きっと同じ系列に違いないとWebサイトを確認。

そしたら、そのサイトは、私がその系列だと思っていた宿の印象とは、全く違うことに違和感を覚えました。

 

そして、そのいつか行ってみたいと思っていた宿のWebサイトを探そうと、Googleで検索したところ、転売されて名前が変わっていることに気がつきました。

 

思い込みはあぶない。

そんなことを実感した出来事が続きました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください